雪国「札幌」に生きる
総合的な学習の時間の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習を終えて

「かんじきって、雪の上を歩きやすいだけじゃなくて、歩いた跡には道ができるんだね」
ある子が目を輝かせて私に伝えてきました。
このグループの子どもたちは、雪道は滑りやすくて歩きづらいということに対して、
その解決策として“かんじき”に目を向け、その制作に奮闘してきました。
そして、ようやく完成したかんじきを履いて雪のグラウンドを歩き回ったあとの一言でした。
彼らは、それから、かんじきの歴史に関心をもち、調べていくうちに、
昔は道路の雪をかんじきを使ってつぶしていたことを知りました。
先人の知恵を自分たちの体験と重ね合わせて実感することができたのでした。


この一ヶ月間、子どもたちは試行錯誤を繰り返しながら生き生きと学習に取り組んできました。
何よりも、目の前にいくらでもある「雪」を題材にしたことで、実に多彩な活動が生まれました。
そして、課題の解決に向けて仲間と力を合わせ、時にはぶつかりながらも、
常に本単元の目標「雪国札幌のすばらしさを多くの人に伝えよう!」に立ち戻り、
最後(発表会)までやりとげることができたことは、大きな自信になりました。
付箋紙などを使ってグループ間で相互評価をしてきたことも効果的でした。


子どもたちは、何気なく暮らしてきた冬の生活の中で、
雪国札幌や地域(星置)の問題や良さに目を向けるきっかけになったことは、
そこに住む人間として、大きな意味があったと思います。
私たちにとっても、子どもたちと一緒に活動したり、考えたりしながら
楽しく学習できた一ヶ月でした。


      ( 5年生担任 : 赤羽孝弘 今北しのぶ )
スポンサーサイト

3月7日(金)

yuki030701yuki030702
雪プロジェクトの学習は終わりましたが、
子どもたちは、雪の楽しさを味わっています。

3月5日(水) 10班

yuki0305101yuki0305102yuki030703
今日は、リハーサルどおりに発表ができたし、人もいっぱい来てくれたので、
よかったです。
(なるみ)


発表はうまくいったと思う。付せん紙に、ポスターが見やすいとか、声が大きいとか
いっぱい書いてあってうれしかった。
(ゆうと)


発表がみんなに伝わり、感想にいいことが書いてあった。
大人たちに、「いすに座ってください」とか、自分から言えるようにしたいです。
(ゆう)


雪かき用スコップを踏んでしまうハプニングもあったけれど、
保護者の方々のおかげで、スムーズに終わらせることができた。
(みずほ)


ちゃんと発表できたのでよかった。
他の班も上手だった。具体的にくわしく話していたから聞きやすかった。
(なおと)


「スコップを実際に持ってもらったのがよい」という声が多かった。
僕の家はマンションなので、あまり除雪をしなかったけれど、苦労さがわかった。
(かずき)

3月5日(水) 9班

yuki030591yuki030592yuki030505
今日は、いよいよ本番で、少しきんちょうもしたけれど、
けっこう落ち着いてできたのでよかったと思います。
(しおり)

全員がしっかりと声を出していたし、協力してできたのでよかった。
6年生にになっても、この経験を活かしていきたい。
(りほ)

石川さんが右川さんだったことが、けっこう受けていた。
付せんには、「実演がいい」とたくさん書いてあった。
(こうや)

僕の班は、実演がわかりやすくて、けっこう成功した。
多分、一番疲れたのは、ゆうや君だったと思う。
(たつや)

実演がうまくいってよかったと思う。保護者の人にも分かってもらいたいと
思っていたけれど、伝わったと思う。
(ゆうや)

自分のチームは、バカ受けしていた。いい思い出になりました。
これで雪プロジェクトが終わってしまうのが、ちょっといやでした。
(ひかる)

3月5日(水) 8班

yuki030581yuki030571yuki030702
今までの成果を発表できました。
たくさんお客さんが来てくれたし、全員がしゃべれたのでよかった。
今回の勉強で、まとめ方を学べたのもよかったです。
(みなこ)

映像を使った発表ができて、本番では、アドリブも入れられた。
ピンクのカード(付せん)を26枚ももらえた。
(さだすけ)

発表の時に、つまることもあるけれど、手助けをすることが大切だと
いうことを学んだ。今日は、うまくいった。
(ちひろ)

ビデオはカット&カットで、時間をおさえることができました。
僕のせりふは少なかったけれど、無事に成功しました。
(ゆうき)

アドリブは言えなかったけれど、せりふはちゃんと言えた。
付せんには「わかりやすかった」といっぱい書いてあってよかったです。
(るな)

アンケートの結果から、ここまでよくできなかったところもあったけれど、
グループのみんなと協力してやってきたので、とってもよかったです。
(さり)

3月5日(水) 7班

yuki030572yuki030572yuki030502
お母さんたちに、「発表がうまかったねぇ~」と言われてうれしかった。
(れん)

大きな声で発表できた。マップの評価が高かったので良かったです。
大人86点、子ども70点くらい。
(まさき)

シナリオを見て発表したので下を向いてしまいました。
でも、付せん紙には、いっぱいいい所が書いてあったのでよかったです。
(えりな)

発表は、すごくよくできたと思った。4回めはできなかった。
それに、注意点もあったな~。
(たける)

二人がシナリオをなくしてしまい、アドリブで乗り切った。(よかった)
今度、何か調べる時は、マップにまとめた経験を活かしていきたい。
(りんか)

メモをどこかに落としてしまったので、大失敗だった。
チームにめいわくをかけてしまった。
(しゅんご)

他のグループの発表も工夫されていてわかりやすかった。
自分たちも、心配だったけれど、うまくできたのでよかったです。
(ゆづき)

3月5日(水) 6班

yuki03060562yuki030561yuki022106
何回も発表して、最高で20人の人が来た。
はずかしかったけれど、がんばったのでよかったです。
(きょう)

声があまり聞こえなかったらしいので、下を向いてしゃべったのが原因かと
思いました。でも、みんな「よかった」と言っていました。
(あさみ)

声が少し小さかったけれど、大成功!たくさんのお客さんがきてくれました。
「人形劇が、おもしろくて、わかりやすい」という声があってうれしかった!
(ちなつ)

あまり間違えずに話せました。人形もうまく動かせました。
雪のことを勉強して、とてもよかったと思いました。
(はづき)

今までをふり返り、雪像が1個できればいいと思っていたけれど、
2個もできてすごいな~と思った。
(きょうへい)

雪像がとけてしまって大変だったので、
今度作る時は、とけないようにどうするかも考えた方がいいかもしれない。
(まりな)


3月5日(水) 5班

yuki030552yuki030551yuki030503

大きな声で発表できたのがよかったです。
もっとやりたかった。
(まさひろ)

付せんに、「ポスターがいい」「実演がいい」「クイズがおもしろい」などが
書いてあった。みんなに雪の結晶の事を少しでも知ってもらえたと思う。
(た まい)

発表で、声を大きくと言われたけれど、なかなかできなかった。
けっこう発表が長かった。
(は まい)

最初は、きちんと発表ができるかな~と不安だったけれど、2回半できて
よかった。3回めは時間がなくて、ちょっと残念だった。
(あすか)

お客さんがいっぱい来てよかったです。
自分は、この勉強をして、雪の事がいろいろわかったのでよかったです。
(あやと)

3月5日(水) 4班

yuki030543yuki030542030504
かんじきの試作品作り、アンケートやレポート作りも時間がかかったけれど、
すべて完成した。かんじきの事を調べて良かった~!
(わたる)

付せんが3つに分けられました。
1つは、「かんじきの実物がよかった」
2つ、「話し方がよかった」
3つ、「問いかけるのがよかった」
雪プロは終わりだけど、この3つの事を参考にしていきたいです。
(さき)

自分たちが工夫して発表したことが、付せん紙に書いてあって、
「伝わった~ぁ」と思いました。
(みずき)

初めは、マイかんじき作りに失敗したけれど、改良して完成させて
とても楽しい総合学習になりました。
雪国「札幌」、かんじき最高~!
(かいと)

3月5日(水) 3班

yuki030531yuki030532yuki030506
自分なりに、大きい声で発表して、うまくできたと思う。
この学習を通して、雪の結晶のきれいさもわかって、とても勉強になった。
(しょうの)

「写真を使っていてわかりやすい」などの意見があったので、
みんなに雪の美しさをわかってもらえたと思う。
(みき)

少し“かんで”しまったけれど、お母さんたちは、うなずきながら聞いてくれて
いたのでよかったです。他のグループの発表もうまかったです。
(なぎ)

付せんを見ると、声の大きさの事などが書いてあったので、
次に発表があるときは、注意してやっていきたいです。
(としあき)

当日になって、きんちょうしました。まだ雪を好きになっていない人がいたら、
好きになってもらえるようにがんばりたいです。
(い はるな)

3月5日(水) 2班

yuki030513yuki030501yuki030511
「紙芝居がよかった」という意見が多かった。
自分たちが、他のグループと違っていてよかったと思った。
(せしる)

4回の発表を成功させることができた。付せんが25個くらいあって、
「紙芝居がいい!」と書いてあって、とてもうれしかった。
(あつし)

発表の時、お母さん方も楽しんで聞いてくれたようですごくよかったです。
(はるな)

すごい評判がよくて、とてもよかった。最後の「記念のおみくじ」がよかった。
(いっせい)

最後の雪プロで、いい発表会ができた。スノーランタンも好評だった。
(ねな)

3月5日(水) 1班

yuki030511yuki030704yuki030512
みんな、発表のとき、「うんうん」とうなずいていた、
私的には、だいたい80点。
(しょうこ)

「けんび鏡を見せたのがいい」というピンクの付せんがあった。
「もっと声を大きくしたほうがいい」というアドバイスもあった。
(あきふみ)

練習では、あまりうまくいかなかったけれど、
本番は、アドリブも入れて、うまく相手に伝えられたのがよかった。
(だいち)

けんび鏡で、雪のごみを見せるのは良かった。
付せん紙にも書かれていて評価を受けていた。
(ともはる)

発表は、けっこううまくできたと思う。
ポスターの字が大きくて見やすいという付せんがあって
すごくうれしかったです。
(なみ)

3回も発表して、ギャラリーもいっぱい来たので成功した。
この学習を通して、環境問題にも役立つし、水不足防止にもなるので、
雪ってすごいなぁ~と思った。
(ともひろ)

プロフィール

ogachanman2008

Author:ogachanman2008

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。